椎名林檎のNIPPONを聞いて右翼的と思った人は精神病院で脳を診察した方がいいと思うよ

椎名林檎NIPPON

 

椎名林檎 – 『NIPPON』 2014NHKサッカーテーマ

椎名林檎 – 『NIPPON』<いよいよ後半戦Ver.>

椎名林檎 – 『日出処』ダイジェストムービー

 
龍水 この椎名林檎のNIPPONのPVを見て右翼的と思った人は精神病院で脳を診察した方がいいと思うよ
紋チ ただのサッカー日本代表の応援ソングだしw
龍水 日の丸=右翼的と感じるやつは、たぶん完璧にサヨク脳に侵されているから、つまり病気(爆)ww
紋チ まあ反日左翼は日の丸がとにかく大っ嫌いらしいからねw
龍水 そもそも椎名林檎が日章旗や旭日旗を掲げるのは昔からやってる事だし右も左も無いと思うよw
紋チ すべては日教組と反日メディアの反日洗脳教育と反日報道の弊害なんだろうけどね
 

↓椎名林檎待望の5年半ぶりとなる、オリジナル・アルバムのリリース!

椎名林檎/日出処(初回限定盤B)(DVD付)

本作は、全13曲、書き下ろしの新曲7曲に加え、2009年来、数々の依頼に応え、発表してきたアルバム未収録のタイアップ作品6曲を収録。新録曲も幅広い音楽性に裏打ちされた、多彩な作品ばかり。そこから浮かび上がる、「日出処」というタイトルの意味と意義 椎名林檎最新モードの新録曲とともに、あらゆるシーンに寄り添った作家性が際立つ名曲たちを一堂に堪能できる内容となっている。
1. 静かなる逆襲
2. 自由へ道連れ
3. 走れゎナンバー
4. 赤道を越えたら
5. JL005便で
6. ちちんぷいぷい
7. 今
8. いろはにほへと <フジテレビ系ドラマ『鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-』主題歌(2013)>
9. ありきたりな女
10. カーネーション
11. 孤独のあかつき(信猫版)
12. NIPPON <2014NHKサッカーテーマ(2014)>
13. ありあまる冨
↓なぜ日本人は愛国心を失ってしまったのか?

日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと

戦後日本の歪みは占領政策から始まった。 占領文書250万ページを読破して明らかになった驚愕の新事実。●30年以上にわたり、アメリカとイギリスにある 日本占領期の文書を調査する中で分かった新真実の数々 ●「教育勅語」が廃止された理由、日教組誕生秘話、 ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの全貌など、 戦後教育の盲点がよく分かる ●新型学級崩壊やいじめ問題など、現代の教育問題の提言も記載 ●歪曲した日本文化像を世界に広げ続ける 『菊と刀』とその誤りを正した戦後史の総決算書 ●この一冊でアメリカが行った占領政策のすべてが分かる、戦後思想とか戦後教育の問題は、すべて占領軍の目を気にしたおびえのような自虐意識から生まれてきています。その原点をきちんと実証的に解明して、「それは誤解である」ということを世界に向かっても日本人に向かっても明らかにして「日本を取り戻し」たいというのが、私が本書を書いた一つの目的です。
 
※ここの動画はYouTubeやDailymotionとかと運命を共にしてるんっす、だから突然見れなくなる場合があるのであしからず.。
SNS:   このエントリーをはてなブックマークに追加
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

※英文のみは無視されます