独言ブログ m3

佐世保版サイコパス「徳勝もなみ」のキチガイ無罪の可能性

投稿日:2014-8-2 更新日:

佐世保版サイコパス「徳勝もなみ」

 
長崎県佐世保市で松尾愛和さん(15)が長崎県佐世保市島瀬町2-1フェリーチェ島瀬502号室で同級生に殺害された佐世保JK猟奇殺人事件の犯人として逮捕された殺害現場在住で長崎県立佐世保北高校1年生の徳勝もなみ(16)容疑者だが、警察の取り調べに対して反省などの言葉はまったくないという。
 
また事件前の6月に精神科医にサイコパスの疑いがあると診断され、「しかるべき施設(精神病院)に入れるべきだ」と忠告されていたにもかかわらず家族は無視、そして特に何もせずに放置、そのまま一人暮らしをさせていたことがわかった。
 
さらにその精神科医は佐世保市の児童相談所(佐世保こども・女性・生害支援センター)に「小学生のときに漂白剤混入事件を起こし、中学生になって父親を金属バットで忙殺未遂、猫やカエルなどの動物の解剖をしている。このままではあの子は人を殺しかねない」と通報をしたが、児童相談所は政財界にも繋がりがある地元で有名な一家の娘だとわかると一家に配慮し何も行動せずに放置していた。
 
佐世保版サイコパス「徳勝もなみ」の詳細はこちら↓(画像あり)

 

まさかと思うが未成年&キチガイ無罪への布石じゃないだろうな(怒)!

 
徳勝もなみ「松尾さんに個人的な恨みはなかった」
裁判官「謝罪や反省の言葉はありますか?」
徳勝もなみ「・・・」
裁判官「なぜ殺害したのですか?」
徳勝もなみ「一緒にテレビを見るなどしていたら、我慢できなくなった」
裁判官「なにに我慢できなくなったのですか?」
徳勝もなみ「人体に興味があり、殺してバラバラにしてみたかった」
裁判官「・・・」
徳勝もなみ「殺すために自分の部屋に2人で行った」
裁判官「・・・」
徳勝もなみ「ネコを解剖したり、医学の本を読んだりしているうちに人間で試したいと思うようになった」
裁判官「な、なぜ人間で試そうと思ったのですか?」
徳勝もなみ「中を見たかった」
裁判官「・・・」
徳勝仁弁護士「裁判長、被告人に責任能力はありません!」
裁判官「・・・責任能力なし・・・無罪!」
 
※画像はイメージです
徳勝もなみ ※画像はイメージです
 
家裁送致前に精神鑑定するみたいだが、万が一このサイコパス徳勝もなみがキチガイ無罪になったら、元々異常なこの国の司法はマジで終わりだろうね。
 
キチガイだろうがサイコだろうが未成年だろうが、何の罪もない他人の生命を奪うことは許されることではない!
 
殺人者に人権は必要ない!
 
守られるべきは被害者の尊厳と被害者家族のプライバシーである!
 
サイコパス自画像
 
しかしこの国では、“キチガイは何をしても罪に問われない”という異常とも言える刑法(刑法39条)がまかり通っている。サイコパス(精神異常者)による殺人や事故が、常に一定の頻度で起きているにもかかわらずである。サイコパスの場合、厳罰化による抑止力にはほとんど効果はないかもしれない。しかしサイコパスが起こした犯罪による被害者と家族がいるという現実を重視するのであれば、責任能力よりも行動の結果を優先すべきである。よって早急に刑法39条を廃止すべきである。
 
さらに少年法という悪法により、殺人者であっても未成年者という理由だけで成人同様の刑事処分は下されず、刑が軽くなる。また少年法では、報道の内容も規定しており、犯罪者が少年又は少年の時に犯した罪の場合、当該事件の本人であることを推知することができるような実名報道をしてはならないとされている。ふざけた法律である。それでなくても我が国では、死亡した被害者の人権は軽視され、なぜか加害者の人権ばかり擁護され優先して守られるという異常な状態が続いているのだ。この異常とも言える少年法は一刻も早く改正すべきである。
 
また今回のようなサイコパスによる殺人の場合、将来的に一般社会へ戻され再び同じような犯罪を起こす可能性が大なわけだから、将来的に関わらざるえない人の安全のためにも未成年であっても実名報道による制裁は特に必要である。なによりも死亡した被害者だけ実名報道なのは不公平である。
 
※画像はイメージです画像はイメージです
徳勝仁 ※画像はイメージです
 
それと未成年者の場合、「保護者による監督責任を十分に果たしていたか」という事も重要だ。特に今回のように犯罪を未然に防ぐ対応をまったくせずに事件が起こった場合は、保護者も同罪だと言っても過言ではない。さらに言えば犯人の父親の徳勝仁は弁護士のくせに被害者家族に対して未だに謝罪もしくは謝罪会見等もしていない。小学校とかの過去の事件はもみ消したって話もあるな。よってこの糞親は、保護者の責任として実名報道による社会的制裁が必要である。
 
法律は所詮、人が作ったもので、いつの時代も不完全なものである。しかし人はその不完全な法律を別の方法で補ってきた。本来はテレビや新聞などの第四の権力といわれる報道メディアがその役割を担うべきだが、今のメディアにはそのようなジャーナリズム精神や客観性や中立性はすでにない。やつらはスポンサーや広告代理店の利益や自らの既得権益、また政治的イデオロギーを優先した結果、政治家や公務員、警察、ヤクザと癒着した公平とはいいがたい堕落した報道をするマスゴミと呼ばれる存在になってしまった。
 
しかし現在はインターネットの掲示板、ブログ、個人メディアなどを通じ、一般市民が堕落したマスゴミの監視を含め、不完全な司法を補う役割を担っているのである。つまり「殺し得は絶対に許されない!」という社会がインターネットを中心に形成され、それが一定の抑止力として機能している。まあ今回のようなガチのキチガイには何の効力もないがなw
 
話かわるが、サイコパス (psychopath)とは、正常とされる人格から逸脱したいわゆる異常人格者の事である。サイコパスの特徴として良心の異常な欠如が挙げられる。サイコパスには罪悪感や後悔の念が全くなく、口がうまくて平然と嘘をつくことができる。サイコパスは猟奇殺人鬼に限った言葉ではなく、テロリストやヤクザ、カルト教団の教祖、詐欺師、大企業やブラック企業の経営者、政治家、いじめっ子、DV加害者、暴力や虐待を行う者などにもそれに当てはまる人間が多いとされる。サイコパスもしくはそれに近い人間は、トラブルや犯罪を犯しやすく、また表に出てないだけですでに犯している可能性が高い。

つまり誰の周りでもサイコパスは存在するのである。

 
そして真性サイコパスの徳勝もなみという猟奇殺人鬼は、精神鑑定の結果「責任能力なし」と判断され、無罪となり、精神病院で数年治療したのち、名前を変え、人間社会へ再び放たれるのだった・・・。
 

↓誤解を恐れずに言えば精神病棟とは「人間の捨て場」なのだ

精神病棟40年

精神病棟に暮らす時東一郎さん、60歳。16歳のときに統合失調症を発症して以来、入退院を繰り返しながら実に40年以上もの歳月を、病院の厳重な管理のもとで暮らすことになりました。「電気ショック」の懲罰、一瞬にして患者を無気力にさせる劇薬投与、牢名主の患者と女性看護師との院内SEX……本書は、時東さん自身が見て体験した無縁社会の「現実」を、赤裸々に綴った衝撃の手記です。
↓「野放し」と「厳罰化」のあいだ--


精神障害者をどう裁くか

なぜ「心神喪失」犯罪者たちは、すぐに社会に戻れるのか。なぜ刑務所は、精神障害者であふれるようになったのか。 日本における司法・医療・福祉システムの問題点を暴く。
 
そんな妄想が頭を駆け抜けた・・・
ま、まさかな・・・

-独言ブログ m3
-

執筆者:


  1. 匿名 より:

    マンションの冷蔵庫から猫の首が見つかったらしい

    やっぱ狂ってる!

  2. 匿名 より:

    もし精神障害ならなおのこと社会には出せませんね。ましてや相手は快楽殺人鬼。猫を何匹も殺したのだからね。たぶん精神病院で一生過ごすのではないでしょうか?じゃないと殺された被害者は浮かばれんでしょ?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

※英文のみは無視されます

関連記事

慰安婦捏造、朝日新聞は即、廃刊せよ!

  朝日新聞社は8月5、6日の朝刊において「一部に事実関係の誤りがあった」とし32年前の従軍慰安婦報道の誤報を認め「韓国・済州島で強制連行した」との証言を「虚偽だと判断し、記事を取り消す」と …

綾瀬はるか VS 沢尻エリカ、勝つのはどっちだ!

※右のエリカ様は、発禁になった幻のそっくりさんAVの夏川るいw   毎週木曜22時枠のドラマで、綾瀬はるかと沢尻エリカの熱いガチンコバトル勃発中!それは同時間に放映中の綾瀬はるか主演の「きょ …

叶恭子が全裸オールヌード公開へ、ついにAVデビューか!?

  偽セレブ似非姉妹でタレントの叶姉妹の姉の叶恭子が全裸オールヌードを叶姉妹オフィシャルブログ「ABUNAI SISTERS」で公開した。妹の叶美香は、姉の全裸写真について「すべてが美術館の …

【選挙】次世代の党だけが惨敗した理由

  先日行われた衆院選の結果は、アベノミックゲーリーアベ率いる自民党が公示前の議席から-2の291議席、朝鮮系カルト教団の創価学会を支持母体に持つ公明党が+4の35議席、自公合わせて+2の3 …

スキマスイッチ解散か!?ライブで店をdisって大炎上中(爆)w

  キスマイスイッチとかゆう無名の歌手が2/14に秋田市で行ったライブのMCの発言をめぐりツイッターが大炎上中だ(爆)。秋田県民会館のライブ中、スキマスイッチはMCにおいて、前日に行った料亭 …

フォロー:
龍水と紋チの写真 龍水と紋チ
アダルトサイト探検家
似非ジャーナリスト
emmグループ管理人
≫≫ 龍水とは?
ご注意:このブログはテレビでは絶対に見られない『日本のタブー※1』におもいっきり触れてるので一応13才未満の閲覧は非推奨です。また、ここは独言と妄想の世界一適当な脳内破壊ブログですので、いちいち過敏に反論しないで下さいね♪
※1:電通、ステマ、やらせ、報道タブー、桜タブー、菊タブー、荊タブー、核タブー、鶴タブー、アレフタブー、菱タブー、ヤクザ、フロント企業、裏社会、政治、思想、靖国、GHQ、政府、財閥、米国、韓国、中国、在日コリアン、韓国人、中国人、ユダヤ人、宗教、ジャニーズ、バーニング、整形、引退、マスゴミ、他

archives

石原さとみ 浜辺美波
ヤバ過ぎる裏情報