独言ブログ m3

能年玲奈が『のん』に改名しブログ始める、映画の主演声優も決定!

投稿日:2016-8-25 更新日:

のん(能年玲奈)

所属していた芸能事務所レプロエンタテインメントの社長や担当者によるパワハラ、セクハラ、枕営業強要、等々の嫌がらせを受けトラブルになり事実上芸能活動休止に追いやられていた朝ドラあまちゃん主演女優の能年玲奈だが、6月末の契約期限終了後、芸名を「のん(non)」に改名したことを発表。さらに8月18日から「のん 公式ブログ」というブログ名でLINEブログを開始した。

1回目の記事のタイトル、「のん、ブログ始まります!」では、「のん」と書かれた自作の吹き出しを持つ のん(能年玲奈)の楽しそうな写真がアップされ、今後の活動を心配していたファンを安心させた。さらにその後のブログ記事では、9月18日に「久慈秋まつり」に登場する予定やアニメーション映画「この世界の片隅に」で主演声優が決定したことを伝えている。またコメント欄にはすでに3000件を超える応援メッセージが書き込まれている。

なお今回の のんブログ開設の情報は多くのネットニュースが報じたが、その後一斉に削除されており、のん(能年玲奈)に対するレプロの嫌がらせや圧力は現在も続いている事が確認された。

また今回、本名である能年玲奈とう名前を改名したのもレプロから「許可なく能年玲奈を名乗るな」という警告書が届いたのが原因だと言われている。本名を使うなとはずいぶん横暴じゃないかと世間一般的には感じるが、そもそも今の日本の芸能事務所の多くは元々はヤクザ自身が手がけた興行(ショービジネス)がルーツであり、昔ながらのヤクザ企業体質おもいっきりダーク&ブラック企業であるケースが通常で、まともな事務所は少数派なのだ。だから騙しや恫喝、おかしな内容の契約書や洗脳などなど、スターを夢見る若者を騙して、安い賃金で奴隷のように従わせるような悪徳プロダクションや、またそれら悪徳グループによる「独立したら干す」という時代錯誤なしきたりもまかり通るのである。

実際、レプロエンタテインメントは、業界では絶対的な権力を持ち、バックには暴力団も構えているあのバーニングプロダクションのグループ会社である。ちなみに現在レプロに所属している芸能人は、新垣結衣、清水富美加、ユージ、マギーなど。

糞レプロの圧力に負けるなのん!

というか、のんってのんちゃんって呼べばいいんか?それとものんたん?のんのんだとノンノ(nonnoとかぶり気味)、ノンストップのん!?

のん公式ブログ
http://lineblog.me/non_official/

のん STAFF(@non_staffnews) Twitter
https://twitter.com/non_staffnews

non_kamo_ne のん Instagram
https://www.instagram.com/non_kamo_ne/

この世界の片隅に

アニメーション映画「この世界の片隅に」
11月12日(土)全国公開予定

原作 こうの史代
監督・脚本 片渕須直
アニメーション制作 MAPPA
プロデュース GENCO
音楽 コトリンゴ

<声優>
主人公・すず役 のん(能年玲奈)
夫・周作役 細谷佳正
姪の晴美役 稲葉菜月
義姉・径子役 尾身美詞
小学校の同級生・哲役 小野大輔
すずさんの妹・すみ役 潘めぐみ
周作の父・円太郎役 牛山茂
周作の母・サン役 新谷真弓

http://www.konosekai.jp/

レプロの圧力で各スポーツ紙がこのアニメ映画の事を一斉にスルーしているらしいね。つまり週刊文春以外のほとんどの新聞・雑誌は、大手芸能事務所にコントロールされた提灯記事しか書けないヘタレって事なんだろうね(爆)w、この異常事態を見ても、やはり信用できるのは週刊文春の記事で、その他の記事はレプロが書かせた圧力記事ってことで間違いない。つまり文春ののんの言い分が正しかったってこと。

のんは、無理にオールドメディアのテレビに出なく(出られなく)ても、今はユーチューバーとかのYouTUbeやネット配信メディアなど新しいメディアもあるから、そっちにどんどん出ればいいと思うよ。というかのん自身がYouTuberになるのもおもしろいかもね!

その後、のんはユーチューバーとして成功しミリオネア(億万長者)となる。ただ現在の彼女はその事をまだ知らない・・・。

↓ユーチューバー!

YouTuberマガジン vol.2

今、ブレイク中の動画がわかる新トレンド動画マガジン!巻頭特集は日本一のYouTuberとなった「はじめしゃちょー」。彼が大学生時代に撮り下ろした、二度と撮影できない貴重な現役大学生の素顔を密着撮影。 超人気YouTuberたちの、普段のチャンネルでは見られない素顔やYouTubeで話題沸騰の動画が、これ一冊で丸わかり。もう今さら聞けない、ティーンにとっては常識の有名YouTubeネタはもちろん、ここでしか読めないナイショの裏話や未公開情報なども満載。
↓のん主演声優

「この世界の片隅に」公式アートブック

2016年10月に公開予定の劇場アニメ『この世界の片隅に』。インターネット上で行われたクラウドファンディング、開始わずか8日で目標金額の2000万円を突破!82日間で、総額3622万円を調達するという国内市場最高額を獲得した作品としても、話題の作品です。宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加、『魔女の宅急便』(89)の演出補、TVシリーズ『名犬ラッシー』(1996)の監督としても高名な片渕須直監督による劇場アニメの設定原画、設定資料などの関連資料も満載。さらに、『夕凪の街 桜の国』で第8回メディア芸術祭マンガ部門大賞と第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞のこうの史代氏による遊び心あふれる原作マンガの原画も多数収録します。見ごたえたっぷりのカラーイラストを満載します。監督・片渕須直氏&原作者・こうの史代氏、自身によるアニメ&原作の詳細な解説も盛り込み、「このマンガがすごい!」ならではの視点から、『この世界の片隅に』を徹底的に解析する一冊です。
そんな妄想が頭を駆け抜けた・・・
ま、まさかな・・・

-独言ブログ m3
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

※英文のみは無視されます

関連記事

【選挙】次世代の党だけが惨敗した理由

  先日行われた衆院選の結果は、アベノミックゲーリーアベ率いる自民党が公示前の議席から-2の291議席、朝鮮系カルト教団の創価学会を支持母体に持つ公明党が+4の35議席、自公合わせて+2の3 …

能年玲奈+登坂広臣『ホットロード』初動興行収入3億8879万円を記録、予想以上の大ヒットスタート!

  紡木たく原作の純愛マンガを忠実に実写化した映画『ホットロード(能年玲奈主演)』が8/16(土)から公開され、土日の二日間の興行収入388,799,100円、動員数284,015人を記録し …

ローラがCMクイーンに!2014年テレビCM起用社数ランキング1位に選ばれる

  メディアの調査・分析をするニホンモニターは、2014年1月1日~11月30日のCM出稿状況を基にした『2014タレントCM起用社数ランキング』を発表。モデルのローラが女性タレント部門及び …

佐世保JK猟奇殺人事件の犯人(16)と父親の実名と顔写真?

画像をクリックすると・・・   長崎県佐世保市で高校1年の松尾愛和さん(15)が同級生のサイコパスに殺害された佐世保女子高生猟奇殺人事件の犯人(16)と父親?の実名と顔写真がえらい勢いで拡散 …

バイきんぐ小峠英二が元カレの坂口杏里のAVデビュー作のタイトルは「なんて日だ!!」

  バイきんぐ小峠英二の元恋人で、女優・坂口良子(故)が母でプロゴルファーの尾崎健夫が継父の天然おバカキャラ系タレント坂口杏里(さかぐちあんり)が、芸能人AVを得意とするAVメーカーMUTE …

フォロー:
龍水と紋チの写真 龍水と紋チ
アダルトサイト探検家
似非ジャーナリスト
emmグループ管理人
≫≫ 龍水とは?
ご注意:このブログはテレビでは絶対に見られない『日本のタブー』におもいっきり触れてるので一応13才未満の閲覧は非推奨です。また、ここは独言と妄想の世界一適当な脳内破壊ブログですので、いちいち過敏に反論しないで下さいね♪

archives

石原さとみ 浜辺美波
ヤバ過ぎる裏情報